サイトメニュー

重症度の違い

悩む女性

心のコントロールを

うつ病は軽度、中等度、重度の3タイプがあります。診断基準を満たすための必要最低限の症状があるものが軽度です。軽度の場合、症状の強さも苦痛も伴いますが、何とか対応できるため、社会生活や日常生活で生じる支障はごくわずかです。リラックスできる方法など、心が落ち着く方法を身につけるなどして、悪化しないうちに受診することが大切です。そして、中等度は、症状の数、強さともに軽度と重度の中間になります。本来の能力を発揮することは難しくなりますが、仕事や日常生活がすべてストップすることはありません。しかし、ここまでくると心が落ち着く方法を試しても、いまいち効果が得られないどころか、実践することで疲れが増すこともあるので注意が必要です。さらに症状が進むと、重度になります。診断基準に挙げられる症状が、ほとんどあらわれているような状態です。重度のうつ病は、もはや自分一人では手に負えないほどの苦痛を伴います。それだけでなく、社会生活や日常生活に著しく支障をきたします。このような状態で、リラックス法を試しても意味がありませんので、治療に専念することが大事です。うつ病の予防や治療の回復過程で、心が落ち着く方法を取り入れ、ストレスの緩和と解消を行うことは大事なことです。リラックスとは、心身がほぐれた状態、無駄な力がかかっていない状態を意味します。ストレスにさらされると緊張感を抱いたり、イライラしたり、不安になったりと不快な感情があらわれます。そうなったときに、心を落ち着かせようとしても、瞬時に切り替えることは難しいです。なぜならば、ストレスにさらされているとき、不快な感情とともに呼吸が激しくなるなどのストレス反応が体にも出るからです。心を落ち着かせるためには、このストレス反応に関与する自律神経を整えることが大事です。意識的に副交感神経が優位に働くような状態を作り出す心が落ち着く方法としては、腹式呼吸や漸進的筋弛緩法などがあります。加えて、入浴や森林浴、音楽セラピーやアロマテラピーなど日常的に取り入れやすいものもあります。まずは、副交感神経を優位にする腹式呼吸を身につけることが大切です。胸をできるだけ上下させずに、お腹を手に置いて、下腹が上下することを意識、確認しながら呼吸をしていきます。

安定させること

医者と看護師

人間が生きていれば、仕事や家庭内で予想外のトラブルに巻き込まれることもありますが、自分に適した心が落ち着く方法を実践していれば、病気や怪我を最小限に止めることや対人面での問題を解決することも可能です。

詳しく見る

精神科に行ってみましょう

女性

心が落ち着く方法が必要なときは、早めに精神科に行くと自分に合った治療法やアドバイスを受けられる可能性が高いはずです。また受診先を選ぶ場合は、方針や口コミなどを調べて比較したり、自分と相性の良さそうな医師のいるところを探すと良いでしょう。

詳しく見る

心穏やかに過ごせるように

男性

心が落ち着く方法を知ることで、より穏やかに過ごすことが出来ます。マインドフルネスを利用してみたり、精神科や心療内科を受診してみたりするなど方法は様々です。自分に合った方法を選んで一歩ずつ前向きに進んでいく事が必要です。

詳しく見る

休日はよく休むこと

女性

不安や悩みがあると疲労は大きくなってしまうため、信頼できる人に相談するといった心が落ち着く方法を試すことが重要です。深呼吸をすることや成功をイメージすることは気持ちを前向きにすることが出来るため、緊張を感じた際にオススメとなっています。

詳しく見る

心に優しい環境を作る

悩む男性

医療機関で心が落ち着く方法を指導してもらう事で、夜中に寝付けない状態に対処できます。入院中には花見などのイベントに参加して、患者同士の交流を楽しむ事ができたりと、心が落ち着ける時間を作れるよう工夫している医療機関も多いです。

詳しく見る

人気記事

男性

心穏やかに過ごせるように

心が落ち着く方法を知ることで、より穏やかに過ごすことが出来ます。マインドフルネスを利用してみたり、精神科や心療内科を受診してみたりするなど方法は様々です。自分に合った方法を選んで一歩ずつ前向きに進んでいく事が必要です。

女性

休日はよく休むこと

不安や悩みがあると疲労は大きくなってしまうため、信頼できる人に相談するといった心が落ち着く方法を試すことが重要です。深呼吸をすることや成功をイメージすることは気持ちを前向きにすることが出来るため、緊張を感じた際にオススメとなっています。

悩む男性

心に優しい環境を作る

医療機関で心が落ち着く方法を指導してもらう事で、夜中に寝付けない状態に対処できます。入院中には花見などのイベントに参加して、患者同士の交流を楽しむ事ができたりと、心が落ち着ける時間を作れるよう工夫している医療機関も多いです。